WSF OpenID Connect Login

患者・家族への説明と指導

ゾーフィゴ静注を投与される患者又はその家族の方に対しては、投与前に、本剤の効果、発現する可能性のある副作用とその予防・対処方法等、並びに、本剤が放射性医薬品であることについて十分に説明し、同意を得てから投与を開始してください。

また、本剤投与中及び投与後6ヵ月間は適切な避妊を行うよう指導してください。
放射線であるアルファ線は、近接する腫瘍細胞にDNA二重鎖切断等を誘発し、骨転移巣に対する抗腫瘍効果をもたらす一方で、放射線による胎児への影響が懸念されるため、現時点において、国外では妊婦及び妊娠の可能性のある女性への適応外使用を禁忌とする注意喚起も行われています。

患者・家族( 介護者)に対する注意事項

本剤の投与後、主に糞便に、また体液(血液)及び尿に微量の放射性物質が存在することがあります。
したがって、以下に例示した注意事項を患者・家族(介護者)に対して投与前に説明し、第三者に対する放射線被ばく低減策や汚染防止措置に対して、理解を得ておく必要があります。

本剤の投与後1週間(各投与後の最初の1週間)の注意事項

【日常生活での注意】
  1. 患者が出血した場合の血液はトイレットペーパー等で拭き取り、トイレに流すこと。
  2. 患者の尿や糞便に触れる可能性がある場合、また、これらで汚染された衣類等に触る場合は、ゴム製等の使い捨て手袋を装着してから取り扱うこと。
  3. 患者の血液等の体液が手や皮膚に触れた場合は、触れた箇所を直ちに石けんでよく洗うこと。
  4. 性行為は控えること。
  5. 本剤の投与後2~3日間は、患者と小児及び妊婦との接触は最小限にすること。
  6. 患者の入浴は、その日の最後に行うことが望ましい。また、入浴後の浴槽は洗剤を用いてブラッシング等によりよく洗うこと。
【洗濯物の取扱いに関する注意】
  1. 投与患者が着用した衣類等の洗濯は、患者以外の家族等の衣類とは別に行うこと。
  2. 血液や尿が付着したシーツ類や下着類については、十分に予洗いをすること。
【排尿・排便・嘔吐時の注意】
  1. 排尿は座位で行うこと。
  2. 使用後の便器等の洗浄水は2回程度流すこと。
  3. 便器や床面等に糞・尿がこぼれて汚した場合は、トイレットペーパー等でよく拭き取り、拭いたペーパーはトイレに流すこと。
  4. 排尿・排便後の手は、石けんでよく洗うこと。
  5. 患者の排泄物、嘔吐物等が手や皮膚に触れた場合は、速やかに石けんで洗って、十分水洗すること。

適正使用マニュアルを参考として記載しています。