WSF OpenID Connect Login

作用機序

ゾーフィゴは、骨転移部位など骨代謝が亢進している部位に選択的に集積し、高エネルギーのアルファ線を放出することにより、骨転移に対して抗腫瘍効果を示します。

ゾーフィゴは、カルシウムと同族のアルカリ土類金属であり、骨転移部位など骨代謝の亢進した部位に集積する特性を有します。

ゾーフィゴは、カルシウムと同族のアルカリ土類金属であり、骨転移部位など骨代謝の亢進した部位に集積する特性を有します。


ゾーフィゴは、高LET(線エネルギー付与)放射線であるアルファ線を放出し、隣接する腫瘍細胞のDNA二重鎖を切断することにより、骨転移に対して抗腫瘍効果を示します。

ゾーフィゴは、高LET(線エネルギー付与)放射線であるアルファ線を放出し、隣接する腫瘍細胞のDNA二重鎖を切断することにより、骨転移に対して抗腫瘍効果を示します。

アルファ線の組織内飛程は100μm未満と短いことから、骨髄など周辺の正常組織における吸収線量は限定的です。

アルファ線の組織内飛程は100μm未満と短いことから、骨髄など周辺の正常組織における吸収線量は限定的です。

  1. Bruland OS et al.:Clin. Cancer Res.,12,6250s-6257s (2006)

 

作用機序ムービー

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.